幼稚園教諭が強制猥褻 被害児童は12人に

台北市信義区の幼稚園で今年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚した件で、台北地方検察署はこの度、男を未成年に対する猥褻及び加重強制性交などの罪で起訴した。

@mirrormedia

警察の調べによると教員の男は30歳代で、幼児教育を学んだ後、自身の母親が経営する同園にて2年ほど勤務。勤務中、女子児童の身体を触るなどしていたことが発覚したが、今年8月時点では検察は証拠不十分で不起訴とした。しかし後に警察に対し多数の家庭から通報があり、今回確認された被害者は12人にのぼる。
男は「子どもの反応が見たかった」として容疑を認めたものの、その後性的暴行は否認。また女子児童にのみ猥褻行為をしたと話しており、近日中に台北地方法院で審理が行われる予定。

(11月8日)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 気温が36度を超える猛暑日が続き、卵用鶏が熱中症により大量に死亡する事態が発生している。…
  2. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚した件で、家族からの通報により少…
  3. 台北市のMRT中山駅から雙連駅に跨る商業エリアで、近頃、飲食店など約100店が「土地使用条例」に違反…
PAGE TOP