高雄の6歳、父親から虐待 保護時の体重わずか13.5Kg

 高雄市で6歳の女児が父親から暴力を受け、ネグレクト状態にあったとして、市社会局はこの度女児を緊急保護した。


 女児の祖父によると、母親は19歳で女児を出産後、実家で暮らしていたが結婚を機に女児を連れ家を出た。約半年後に祖父が娘宅を訪れると、女児は痩せ細り、腹部や胸、背中などに多数の傷や痣があったという。祖父が追及すると娘はしらを切り祖父の訪問を拒否、さらに住所を告げず転居した。

 女児が通う小学校の教師が異状に気づき通報。保護当時、女児の体重はわずか13.5Kgと通常の0.02%だったという。少年家事法院は祖父を後見人に指名し、母親の親権を剥奪、男を児童虐待で逮捕した。

 調べによると娘の結婚相手の男は女児に食べ物を与えず、女児が食べ物に手を伸ばすと殴打していた。

(10月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  2.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
  3. 花蓮縣豐濱鄉の村長選に出馬した陳杰敏氏が、わずか2票の僅差で他候補に負けたことを受け再検票を求めた件…
PAGE TOP