「鮭の乱」で改名の学生 計11万元の収入を報告

昨年3月に日系回転寿司チェーン「スシロー」が実施したプロモーションをきっかけに「鮭魚」に改名した男子大学生が、改名したことを後悔していないばかりか、合計11万元を稼ぎ出し非常に満足していると明かしていたことがわかった。

男性は昨年8月に自身のYoutubeチャンネル(@dinner lin College)を開設。近頃アップした動画では改名当時を振り返っている。

男性は同店による食べ放題プロモーションのために「林高價鮭魚」に改名。同級生らに声をかけ、男性は350元、女性は300元で食べ放題とし、計13回来店し、2日間で1万3000元を得た。これに寿司の会計額約9万7500元を加えると、11万元になるという。

(5月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市大安区の広東料理レストランが、ミシュランガイドの審査基準が不明瞭だとして調査員の訪問を拒否、…
  2. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  3.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
PAGE TOP