ゴミ箱の百万元当選くじ 店主が持ち主探し出す

 彰化縣鹿港鎮の宝くじ販売店で、店主がゴミ箱から100万元の当選くじを発見。警察の協力を経て購入者を探し出し、無事に当選くじを渡した。

 購入者は9月14日(火)に同店で「大楽透」を購入。持参していた前回購入分の当選番号を確認し、当選していなかったため捨てた際に新しく購入したくじも捨ててしまったとみられる。警察は店主の通報を受け監視カメラ映像から持ち主を探し出した。

(9月28日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターが、さらに拡大している。中央流行感…
  2. デパート・モール 微風 新光三越 遠東百貨 誠品 その他…
  3. 飲食・美容(エリア別) 台北駅/中山/南京東路 古亭/台電大樓/公館…
PAGE TOP