線路上作業中に衝突 作業員2人が死亡

 台東縣の「海端駅」にて2月23日(火)8時過ぎ、線路上で部品の交換作業を行っていた作業員3人が列車に撥ねられ、2人が死亡、1人が重傷を負った。

 台東地方検察署は労災事故として調査に当たり、責任者2人を過失致死で起訴する方針だ。

 台鐵企業組合によると、この20年間で発生した労災事故による死亡者は9人。体制の不備や人員不足などを原因とし、遺族の国家賠償申請を援助していくとした。

(2月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

PAGE TOP