総統府、特赦を決定 密猟のブノン族男性に

 台東縣海端郷に住むブノン(布農)族の男性が2013年、保護動物の「キョン」を猟銃で射殺し15年に有罪が確定していた件で、台湾総統府はこの度男性に対し特赦を発表した。

 男性は13年、母親に肉を食べさせようと台中の山間部で狩猟を行い、保護指定動物を射殺。猟銃の所持及び保護動物の射殺が違法であるとして罪に問われる一方、原住民の伝統文化保護の観点から議論を呼んでいた。

(5月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 掲示警察局駐外連絡官の報告によると、昨年12月までに国外で薬物関連の犯罪により身柄を拘束されている台…
  2. 説明しよう! 「手紙」は中国語では「トイレットペーパー」のことを指すものである。日本語であれ中国語…
  3. ネット掲示板では近頃、年末ボーナス額を報告し合い各業界の差異を比較する現象が起きている。ある…
PAGE TOP