経営者が發票当選金着服 文書偽造と詐欺罪の疑い

 桃園市内のドリンク店経営者の男が昨年9月、統一發票を偽造し当選金を不正に着服しようとした件で、台北地方検察署はこの度男を文書偽造及び詐欺未遂の罪で取り調べていることを公表した。

 調べによると男は昨年9月当選番号が発表された後、該当者が名乗り出ていないことを知り發票を再発行。しかし財政部で發票の通し番号が実際に当選したものと異なることが発覚し、警察に通報していた。

(3月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP