救急車に道譲らず 罰金と免許停止に

台南市で10月27日(火)、一台のBMWが救急車の進路を阻み、国道警察は道路交通管理処罰条例第45条の規定により、運転手に3600元の罰金を科したほか、免許取り上げ処分とした。

救急車は回転灯にサイレン、道を譲るようマイクで呼びかけたが、運転手はすべて無視。救急車運転士はサイレンや呼びかけの音量にも問題はなかったとしている。

(10月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP