中壢で「送肉粽」の開催告知 住民らの不安呼び中止へ

  桃園市中壢区にて3月10日(水)夜、「送肉粽」の儀式が予定されていたものの、近隣住民が通報し警察に許可を申請していなかったことから中止となった。

 「送肉粽」は縊死した自殺者の霊を鎮める儀式で、各地で手法は異なるものの、主に縄を海岸や河口で焼く行為がみられる。今回は同地区の住民に対し、ネット上や張り紙などで同日21時半~23時に儀式を執り行うとして、外出を控えるよう呼び掛けられた。しかしこれに対し住民らが不安を覚え通報、警察では儀式の開催について道路の使用許可が申請されていなかったとして中止となった。

(3月10日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP