コロナ対策部長がグラビア クールな装いにファン爆増

台湾におけるCOVID-19対策に大きく貢献したとして支持を集める陳時中・衛生福利部長が近頃、メンズマガジン「GO」9月号の表紙グラビアを飾った。

陳部長は2月から、およそ140日に渡り1日も休むことなく会見を開き、国内外の感染状況と対策について専門的な視点から国民に説明、その真摯な態度と状況が改善するにつれ素朴で温かみのある話しぶりから、安心させてくれる人を指す「定心丸」の異名が付いた。今回のグラビアではトレンチの襟を立て、黒縁の眼鏡をかけるなどシックでクールな装いを見せ、新たな一面に「カッコ良すぎる」「神レベルのイケメン」と好評を呼んでいる。

(9月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP