中医師の処方漢方で中毒 基準値100倍の水銀

台中市の張宏年・議長一家4人が昨年、中医クリニックの処方する漢方薬を服用し鉛中毒を引き起こしたとして、息子の張彦彤・市議は8月6日(木)、同クリニックの呂世明医師を殺人罪及び薬事法違反で提訴した。

衛生局の検査では薬から基準の100倍以上の鉛や水銀を検出。呂医師は捜査に非協力的で、張市議は同クリニックに通うほかの患者らにも同様のケースがないか協力を求めている。

(8月6日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行感染症指揮センターは10月21日(水)の会見で、台湾から日本へ入国した3人に新型コロナウイル…
  2. セレブ気分が味わえるトータルビューティサロン台湾では体毛は気にしない…
  3. 死者18人を出した特急列車「普悠瑪號」6432便による脱線事故から丸2年となった10月21日(水)、…
PAGE TOP