韓国の窃盗犯、烏来で逮捕 「タイワン、ソーリー!」叫ぶ

 

台北市中正区にある台湾民主進歩党中央党事務所にて、現金約9万元を盗んだ韓国籍の男が、8月6日(日)正午頃、新北市烏来にて逮捕された。

男は34歳、地元韓国やフィリピンで窃盗を繰り返し、指名手配されている常習犯。7月31日(月)台湾に入国し、翌8月1日(火)民進党中央党事務所にて現金を盗み、日本に向かったが入国を拒否され、桃園空港に送還。3日(木)空港から逃走し、烏来に潜伏していた。

現在は刑事局に身柄を移され、なぜ台湾で犯行に及んだかとの質問に対し英語で「タイワン、ソーリー!」と叫んだ。

(8月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中の南湖大山を6月29日(月)に訪れた登山客が、山中のハイキングコースで1匹のピットブル犬を目撃。…
  2. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  3. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
PAGE TOP