静岡「次世代の会」が来台 相互協力・輸出入強化を

 

静岡県島田市の若手経営者による地域グループ「次世代のつどいおおるり」と同県吉田町の「次世代の会オアシス」のメンバーが7月18日(火)、日台の相互協力や輸出入強化を推進するため来台した。

両団体では、台湾の事業者から台湾バナナの提供を受け、11日(火)・12日(水)に市内・町内の保育園や小中学校に配布。子どもたちに喜ばれ、学校給食を担う機関も「今後取り入れて行きたい」としている。両団体ではバナナだけでなくほかの農産物や、吉田町が誇る防災などあらゆる方面での技術提供も視野に入れている。

(7月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾のベテラン女優・譚艾珍の娘が3月25日(水)、妊婦検診のため台湾に帰国することを事前にネット上で…
  2. 中央流行疫病情況指揮センターは3月25日(水)、国民に対し屋内で100人、屋外で500人を超えるイベ…
  3. 南投縣水里郷の男子中学生が3月20日(金)、同級生の少年に向かって投げつけたカッターナイフが相手の頸…
PAGE TOP