違法駐輪の自転車 来年から撤去と罰金

 

台北市交通局は6月8日(木)、市内に定められた13カ所の駐輪禁止区域にて、来年1月1日より違法駐輪自転車を撤去するとともに、引き取り時に100元の撤去費用と半日当たり25元の保管料を徴収することを明らかにした。

駐輪禁止区域はMRT「科技大樓」駅、「公館」駅、「東門」駅、「大安」駅、「古亭」駅、「中山國中」駅、「圓山」駅、「台電大樓」駅1番出口、など13カ所。なお撤去後1時間以内に引き取る場合は保管料を免除とし、4カ月を過ぎても引き取りに現れない場合は環境保護局が中古自転車として転売するという。

(6月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市内のホテルで、人事担当者がスタッフに対し、身体的特徴を自ら同僚に説明する…
  2.  花蓮縣の東華大学の学生らが、大学付近にある食堂の女性店主に金銭を騙し取られた件で、…
  3.  配給用マスクを製造するナショナルチームに参加する「麥迪康(Medicom)」が、違法に…
PAGE TOP