現代舞踏団の屋外公演 創設者の引退前に盛況

キャセイ・ファイナンシャルと台湾のダンスカンパニー「雲門舞集」の共同開催による屋外公演が7月27日(土)、中正紀念堂にて行われ、広場は大勢の観客で埋め尽くされた。
雲門舞集は今年で創設45周年。創設者でありアートディレクターの林懐民氏は今年度末での引退を表明しており、同公演は「林懐民傑作選」と題しこれまでの作品から代表的なものを抜き出し上演した。
キャセイ・ファイナンシャルではこれまで24年に渡り「國泰芸術節」として雲門舞集の公演をサポート、累計200万人の観客を楽しませてきた。
(7月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 苗栗縣竹南鎮に住む女性が、近頃ネットでマスクを購入したところ、マスクではなく古紙や段ボールなどゴミが…
  2. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  3. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
PAGE TOP