現代舞踏団の屋外公演 創設者の引退前に盛況

キャセイ・ファイナンシャルと台湾のダンスカンパニー「雲門舞集」の共同開催による屋外公演が7月27日(土)、中正紀念堂にて行われ、広場は大勢の観客で埋め尽くされた。
雲門舞集は今年で創設45周年。創設者でありアートディレクターの林懐民氏は今年度末での引退を表明しており、同公演は「林懐民傑作選」と題しこれまでの作品から代表的なものを抜き出し上演した。
キャセイ・ファイナンシャルではこれまで24年に渡り「國泰芸術節」として雲門舞集の公演をサポート、累計200万人の観客を楽しませてきた。
(7月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市鳳山区の「衛武營國家藝術文化センター」について、建築設計を担ったオランダ人建築家のフランシーン…
  2. パラジェルでダメージ知らず子連れもOKなネイルサロン毎日うだるように…
  3. 中央流行感染症指揮センターは8月1日(土)より、外国人の医療目的での来台を許可することを発表した。た…
PAGE TOP