日本人観光客の消費額が減少 観光アピール力の差異と指摘

 

財団法人「商業発展研究院」は6月29日(木)に行われた「台日観光交流促進フォーラム」の席上で、日本における台湾人旅行客の消費額が増加の一途を辿る一方、日本人の台湾滞在中の消費額が減少していると発言し、ネット上で物議を醸している。

あるネットユーザーは掲示板サイト「批踢踢(PTT)」にて、台湾人は日本で家電や化粧品などを購入するのに対し、日本人が台湾で買い求めるのは食べ物のみと指摘。両国が互いの観光客に対するアピール力の差異に言及した。また交通面でも、観光地への列車が満員だったり、バスが渋滞したりと不便さを極める現状から、日本人が訪れるにはハードルが高いとの声もあった。

同フォーラムでは、出国する台湾人の10人3人が日本を訪れ、直近の6年でのべ430万人、現地消費額は1000億元に到達。一方日本からの来台人数は189万人に留まっている。
(7月4日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP