彰化の〝幸運の帽子〟 1万個が未受け取り

フランスのトライアスロン大会を機に注目を浴びた彰化縣埔鹽郷「順澤宮」の帽子に関し、注文を受けた4万個のうち1万個が受け取られないままであることがわかった。
帽子は信者に対し無料で配布しているものだったが「幸運を呼ぶ」として注文が殺到、神社は4万個を製作。神社側は10月末までに引き取られない場合、権利は取り消されるとして呼び掛けている。
(10月8日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行疫病情況指揮センターは3月25日(水)、国民に対し屋内で100人、屋外で500人を超えるイベ…
  2. 南投縣水里郷の男子中学生が3月20日(金)、同級生の少年に向かって投げつけたカッターナイフが相手の頸…
  3. 台湾の女性タレント劉真が3月22日(日)22時22分、台北市内の病院で亡くなった。44歳だった。…
PAGE TOP