大手カラオケ2店合併 新店名は「銭好櫃」?

大手カラオケ店「錢櫃」と「好樂迪」の合併案に関し、公正取引委員会は2月22日(金)、来週にも両社からの申請が行われることを明らかにした。
 
同合併案は2003年から話し合われており、今回同委への申請は4度目。過去3回は合併により業界の独占や競争に影響するとして却下されてきたが、近年は他社の出現などからこれを避けられるとして再度申請に臨んだ。
 
合併は「錢櫃」が「好樂迪」を買収する形で、審査を通過すれば10月にも実現。買収後の店名について2社は双方のブランド名を残す方針を示している。これに対しネット上では高額を意味する「好貴」と同音の「銭好櫃」などを提案、大いに盛り上がっている。
 
(2月22日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP