台鐡花東チケット 旅行社が違法に予約

 

旅行会社3社が、「台鐡(台湾鉄道)」の花蓮駅―台東駅に至る花東線チケットを2016年から大量に押さえていたことがわかった。

旅行社は光隆、天海と晨風の3社。鉄道警察と台鐡が合同で行ったネット浄化プロジェクトにより発覚した。

調べによると同3社はスタッフや友人・親戚の身分証、虚偽のアカウント、台鐡が外国人向けに設置する英文予約システムを使用したほか、「VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)」を通じ国外から予約を行うなどし、2年間で乗車チケット計3万5481枚を購入していた。価格は約1千万元にのぼる。現在、偽造文書罪違反で花蓮検察署に移送されている。

(3月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP