台湾最西の小学校 卒業生にお祝いの品

 

澎湖県の小島・花嶼島にある〝台湾最西〟の小学校「花嶼國小」にて6月12日(火)、小学生1人と幼稚園児2人の卒業式典が執り行われた。

同校は全校生徒が9人で、来年度は8人になる。小学校を卒業した女子生徒は計38点の贈り物を手にし、元気に学び舎を後にした。来年度は澎湖本島の馬公國中に進学することになる。

花嶼は若者が小学校を出た後本島などに渡るため、全人口が100人余りと過疎が進む。

(6月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 世界各地で新型コロナウイルス(covid-19)の感染が進む中、台湾児童感染症医学会理事長の李秉穎氏…
  2. 仏仕込みの本格ケーキ大直駅から徒歩8分、昔ながらのアパート「公寓」が立ち並ぶ大直街沿…
  3. 横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客の間で新型コロナウイルス(COVID-…
PAGE TOP