台中FUTUROタイ遠征 自チームの課題を再確認

台中市のサッカーチーム「FUTURO」が1月12日(日)からタイへ遠征し、現地のリーグ1・2部のチームとトレーニングマッチを行った。

同チームは2016年、アルビレックス新潟シンガポールなどに在籍していた日本人選手・小森由貴氏が設立。スクールからU8、U10、U12、トップチームと幅広く有している。

タイではチョンブリーFCのU19チーム、カスタムズ・ユナイテッドFC、サムットプラカーン・シティFCと対戦。1部リーグのチームを相手に健闘し、監督は「選手間のコミュニケーションや連携など課題を見つけることができた」とコメントしている。
(1月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP