中秋節BBQ食品検査 練り物など不合格

10月4日(水)の中秋節を前に、南投縣政府衛生局は近頃、食品の衛生安全調査を実施。縣内の市場やスーパー、量販店で販売する「BBQ関連食材」を対象に抜き取り検査を行ったところ、「黒輪(練り物)」と野菜各2件が不合格となった。

不合格の食品はいずれも縣外業者が取り扱っており、該当地域の衛生局に追跡調査を依頼。防腐剤や農薬の残留が見つかった。

(9月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新北市樹林区の派出所に勤務する21歳の男性警官が、8月2日(日)午前0時頃、無免許運転のバイクにはね…
  2. 中央流行感染症指揮センターは8月5日(水)の会見で、日本を「中低感染リスク国家」リストから除外。同時…
  3. こだわりの窯焼きピッツァ敦化南路はシャングリラホテルの裏手に、異国のレストランが集ま…
PAGE TOP