マスク購入システム強化  コンビニでの予約・購入も

中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3枚から14日間で9枚に増やすことを発表した。また健康保険証番号の奇数、偶数の分類も引き続き行わない。

台湾では現在生産ラインを90本まで増やし、1日当たり1000枚を生産。さらに同日より、コンビニにてマスクの予約販売もスタートする見込み。ただし初段階ではこれまで通り、ネット上の予約システム(bit.ly/2Jvunvv)にて予約が必要で、システムが安定し次第店頭での予約及び販売を行うという。実現すれば、会社勤めのオフィスワーカーや学生など、これまで日中の行動に制約があった人や、高齢者などネットでの予約が不便な人も購入しやすくなる。

コンビニは大手4社の店舗が利用可能で、健康保険証と身分証、クレジットカードを持参のうえ、店内に設置された端末機から予約及び受け取り手続きを行う。

(3月31日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市議会の游淑慧・市議が10月5日(火)、近頃台湾で人気を呼んでいる韓国ドラマ「イカ…
  2.  近頃ネット上の掲示板で「最も立地選択を誤った高鐵(新幹線)駅」についての質問が投稿され、多…
  3.  中央流行感染症指揮センターは10月6日(水)、先日新型コロナウ…
PAGE TOP