2人の娘連れ心中図る 母親に懲役3年2カ月

 台中市に住む40歳代の女が、次女を殺害し長女を道連れに無理心中を図った件で、台中地方法院はこの度、女に懲役3年2カ月の判決を言い渡した。

 女は離婚後、単身で2人の娘を育てており、難病を患う11歳の次女の世話に疲れ心中を図ったが、長女が「死ななくてもいいか」と訴え父親に連絡し、救助された。女は重度のうつ症状がみられ、身勝手な行為ではあるが汲むべき事情はあるとされた。

(12月30日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  衛生福利部立桃園医院にて、近頃新型コロナウイルスの集Facebook上で声明を…
  2. 今年は大寒波に見舞われた台湾、少し肌寒い季節にはやはりダークな色がピッタリですよね。今回はダ…
  3.  前衛生署長の楊志良氏が昨夏、MRT乗車時にマスクを外し携帯電話で通話している様子を撮影した…
PAGE TOP