マスクの違法輸出 摘発数600件余り

航空警察局は税関と共同でマスクの違法輸出取り締まりを実施。1月28日(火)~2月16日(日)の間に合計659件を摘発、15万6750個のマスクを押収したことがわかった。

警政署では1月24日(金)より、新型コロナウイルスに対する対策強化のため空港勤務の職員を増員。のべ9000人を投じて疾病管理署が行う出入国者のチェック作業のサポートなどを行っている。

(2月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 苗栗縣竹南鎮に住む女性が、近頃ネットでマスクを購入したところ、マスクではなく古紙や段ボールなどゴミが…
  2. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  3. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
PAGE TOP