ビジネス客隔離期間短縮 15カ国・地域対象に

中央流行感染症情況指揮センターは6月17日(水)、新型コロナウイルスの感染拡大対策として実施している海外から入境した外国人の隔離義務に関し、日本を含む15カ国・地域からの短期滞在ビジネス客を対象に22日(月)より緩和措置を採ることを明らかにした。

対象となるのは日本、韓国、マレーシア、シンガポールの「中リスク地域」と、ニュージーランド、オーストラリア、ベトナム、タイなど11カ国の「低リスク地域」。中リスク地域からのビジネス客は最短で7日間、低リスクの場合は5日間に短縮される。いずれも3カ月未満の滞在に限られ、隔離前と最終日にPCR検査が義務付けられる。

(6月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP