アライグマのいるカフェ 動物虐待の告発で視察へ

台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たるとの告発があった。これに対し動物保護処は市議会議員2人を伴いカフェを訪問、視察を行った。

同店はアライグマや犬が店内を歩き回り、可愛い仕草を見せるとして人気を呼んでいる。しかしながらアライグマは人に懐きにくく、また発情期であったことから気性が荒くなり、同じく店内で飼っている牧羊犬にアライグマを追わせ、ケージに入れようとしたという。

オーナーの行為は虐待には当たらないものの、来店客に不安を抱かせたとして謝罪した。

(6月29日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 長期に渡り国外に滞在している国民が、少額の健康保険料のみを支払い医療サービスを受けている件について、…
  2. 頭から足までスッキリ仕事から直行もOK台北駅から徒歩圏内でアクセス抜…
  3. 高雄市林園区に住む40歳代の女性が中国から帰国後、自宅隔離期間中の9月21日(月)に遺体で見つかった…
PAGE TOP