「ママダメ」女優が妊娠 相手はスタイリスト

 

 

今年公開の日台合作映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」に主演する、女優のジエン・マンシュー(簡嫚書)が7月25日(火)、産婦人科にたびたび通っているとの報道があり、マネージャーは否定したが、27日(木)本人が自身のFacebook上で認めた。

映画は、実際にFacebookを通じて知り合った日本人男性と台湾人女性の恋愛を描いたもの。

なお、お腹の子の相手は交際中のヘアスタイリストと言われる。

(7月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  2. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
  3. 日本のくら寿司株式会社の子会社である「アジアくら寿司」が9月17日(木)、台湾証券市場「タイペイエク…
PAGE TOP