【今週もゴチになります】 看板のない店(かんばん みせ)—日本料理—

待望の牛レバ刺し

「日本人の心のオアシス」と言われる林森北路の飲み屋街。中でも「看板のない店」は吹き抜けの天井で開放感があり、衝立でプライバシーが保てるテーブル席と、日本語放送が楽しめるカウンターが居心地良く、日本人リピーターも多い。

まず真っ先に頼むべきは、日本ではすでに幻となって久しい「牛レバ刺し」(360元)。火・金曜限定で市場から仕入れるレバーは一切臭みがなく、プルンと角が立つ新鮮さ。おろしニンニクや生姜を添えて、塩とゴマ油でどうぞ。数量限定なので、絶対にありつきたければ予約がオススメ。そして、レバ刺しにはやっぱりビール。サービスの「サッポロ瓶ビール」もお忘れなく。

秋の夜長に焼酎を

とりあえずのビール&レバーの次は、クリーミーなアボカドの上に納豆をのせ、塩・ゴマ油を振った「アボガド納豆」(200元)を、今度は焼酎で。焼酎は黒霧島・白波・神之河など、季節を問わず楽しめる定番を8種類揃える。ボトルはすべて1280元とリーズナブルなのも、焼酎ラバーにはうれしい限り。納豆にレモンを絞って海苔に包めば、お酒も進む。

皮をカリッと焼き上げた「鶏モモの黒塩焼き」(260元)は自然海塩に溶岩炭を混ぜた「ハワイアン・ブラックソルト」を付けて。「神秘の塩」とも呼ばれるこの塩、ミネラルたっぷりで鶏肉の甘みを引き出し、脂っこさを緩和してくれる。

最後の〆はなんといってもあっさり塩味の「タンメン」(200元)がイチオシだ。たっぷり野菜で炭水化物に対する罪悪感もプラマイゼロに。ご飯派なら新鮮な有機卵の旨味を堪能できる「卵かけご飯セット」(100元/味噌汁付)を。

秋も深まるこの季節、一人の焼酎&ご飯タイムに利用したい。

 

 

Info

住所 

中山区林森北路85巷9號

TEL

02-2581-6345

営業時間

17時半~24時(ラストオーダー23時)

席数 

38席、個室1(最大12人)

予算 

1000元

エリア

林森北路

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市大安区の広東料理レストランが、ミシュランガイドの審査基準が不明瞭だとして調査員の訪問を拒否、…
  2. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  3.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
PAGE TOP