【トリビア~ン台湾】Vol.19 元宵節

今年3月2日(金)には白玉団子を食べるんだよ、と会社の同僚に言われたのですが、台湾ではそういった文化があるんでしょうか?

旧暦の1月15日が今年はその日に当たります。この日は「元宵節」と言って、白玉団子「湯圓」を食べる風習があるんですよ。

<解説>

「湯圓」は家族団欒を意味する「團圓」と音が似ていることから、家族円満を願ってみんなで食べるんです。中身はゴマにピーナッツ、肉入りや野菜入りなどいろいろな種類があります。スーパーでも冷凍のものを売っていますから、手軽に食べられるのがうれしいですね。

またこの日はほかにも、平渓の天燈節(ランタンフェスティバル)が行われます。外国人にも人気のイベントですから、ぜひ行ってみてくださいね。

 

温かくておいしい文化にほっこり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP