8割企業が春節後に昇給 労働者への紅包額も増加

 

求人サイト「yes123」は2月20日(火)、「新春仕事始めの転職と昇給に関する調査」と題したデータを発表。これによると81.4%の企業が春節後の昇給を検討していることがわかった。

調査は1月26日(金)~2月6日(火)に渡りネット上で実施。885企業が回答。

これによると、65.1%の企業が「実績歩合制」を、16.3%が「一斉昇給」と採用するとした。また昇給率は平均で6.2%。18.6%の企業は昇給の意思がないと回答した。昇給を計画している業種は「テクノロジー・情報サービス」、「金融保険・会計」、「運輸及び物流倉庫」、「飲食・宿泊・旅行」関連。

同社広報担当者によると、今年昇給を計画する企業の割合は昨年に比べ大きく増加しており、また仕事始めに配布する〝紅包〟の金額も多いという。景気のわずかな回復と労働基準法改正が影響しているとみられる。

一方で48.7%の企業が、春節後の離職率が残留率を上回るとみている。

(2月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
  2. 懐かしい和風洋食の味林森北路5條に今年3月オープンした焼鳥バル「紀どり」。居酒屋風の外観に反…
  3. 1 「罰金18万元」聞いた41歳男性がショック死 2 高雄で老人に強酸浴…
PAGE TOP