大気汚染の秋が到来 呼吸器系疾患増加も

 

台湾では秋・冬季の到来とともに東北季節風が運ぶ汚染物質による大気汚染に悩まされている。

環境保護署では、大気汚染の原因とされる微小粒子状物質「PM2.5」の基準値を15㍃グラムに規定。しかしながら昨年は平均値が台北市で17.3㎍、台中が21.8㎍、台南では26.1㎍に達した。

台北市を含む北都市部における汚染の主要原因は車両からの排気ガス、南部は工場からの排煙が占める。これに対し花蓮のみ汚染値が低く、「最後の浄土」と呼ばれている。

台湾大学の研究報告によると、近年肺がんや呼吸器系の疾病が増加しており、PM2.5が原因の1つとされる。

(10月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市政府環境保護局は11月13日(月)、「市空気品質悪化防止措置」を公布。これ…
  2. 1 諸国に足並み揃える? 出国税導入の影響に賛否両論2 北朝鮮の兵士、板門店JSAで銃撃を受…
  3. 香川県大使に認定「土三寒六」は2006年6月、台湾初の讃岐うどん専門店として創業。「…
PAGE TOP