塩漬け卵黄に発がん性物質 夜市の衛生状況表示パネルも

 

ネットショップで販売されている塩漬けの卵黄から、近頃発がん性のある着色料「スーダンレッド」が検出され、雲林縣地方検察署は縣内の鴨卵生産業の男を詐欺罪で公訴した。

摘発されたのは、ネット上で菓子や製菓材料などを販売する「采棠肴鮮餅鋪」。調べによると男は販売促進を図り、卵黄の赤味を強めるため飼料に着色料を添加し家禽に与えていた。しかしながら現行の食品安全法では今回のケースに該当する処罰がなく、行政的処罰のみとなる。人体の健康を害する事例であるとして、食安法の見直しが提言されている。

また台北市衛生局は5月21日(月)、夜市内の店舗の衛生状況を評定・表示する「食品安全微笑標章」を施行。これは台湾全土の夜市における食品安全基準認定となり、金・銀の2段階で評定する。2年間有効、定期的に無作為の抽出検査を実施するという。

(5月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP