【トリビア~ン台湾】Vol.93 離職

 

近頃、台湾人の友人が何人も仕事を辞め「しばらくのんびりする」なんて言っています。聞くと「この時期には離職者が多い」とか。なぜ???

 

 

旧正月明け、年に一度のボーナス時期が過ぎると離職者が増える傾向にあります。企業各社では引き留めるための対策や求人募集に追われていますね。

 

<解説>

 ある人材会社の昨年末データによると、旧正月明けに転職を検討している人が9割でした。通常ボーナスは旧正月前に支払われますが、休暇後そのまま離職してしまうケースを防ぐため、近年では休暇明けに支給するなどしているようです。また多くは離職前に転職先を探しますが、これまた近頃は「ひと休みしてゆっくり探す」といった傾向も。いずれも仕事内容や給与への不満が原因とされるので、コミュニケーションを図りたいものですね。

ボーナス&紅包の多い企業は離職率も低いとか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚したものの「児童・少年福利権益保…
  2. ドリンクチェーン「可不可熟成紅茶」新竹關埔店で7月14日(日)夜、閉店間際にデリバリーのオーダーが入…
  3. 芸術劇団「玩勮工廠(Toy Factory)」が9月7日(土)~29日(日)、ミュージカル「百舌(M…
PAGE TOP