【トリビア~ン台湾】Vol.126 マグノリア

梅雨が明け、初夏の台湾ですが信号待ちをしていると白い花輪のようなものを売っている人をよく見かけます。あの花は何なんでしょうか。

あれは「玉蘭花(ユーランホワ)」という花で、ジャスミンのように甘く芳醇な香りがします。天然のフレグランスとして庶民に愛されているんですよ。

<解説>

 「玉蘭花」はモクレン科の植物で、東南アジアの熱帯・亜熱帯地域に生息しています。台湾ではその甘く濃厚な香りから芳香剤代わりに使われ、3~4個の花を針金に通し花輪状にしたものを、信号待ちのタクシーやバスのドライバー向けに売る人もいて、台湾らしい風景の1つとなっています。価格は花輪1本20元ほど、装飾というより香りを楽しむことが多いです。残念ながら日本への持ち込みはNG。2日ほどで枯れてしまいますが、台湾だけの甘く優しい香りで心も体もリフレッシュしてみてはいかがでしょう。

寺社のお供えにもよく見られる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市松山区のサウナ施設で5月13日(月)、男性客がマッサージ師の女から性行為を強要されたとして警察…
  2. 旧ソ連に創られた美しい風景「ソヴィエト・バス・ストップス」監:クリストファー・ハーウィグ中国語…
  3. 台中市にある工業用プラスチック関連の企業が週休3日制を導入し、注目を集めている。 同社は…
PAGE TOP