【トリビア~ン台湾】Vol.117 流行語

日本では毎年、年末になると流行語や今年の漢字が発表されますよね。台湾にもそういった習慣はあるのでしょうか?

はい、流行語は毎年ネット上で使われた言葉のランキングといった形で発表されます。今年は「微解封」や「TAIWAN IN」などがランクインしました。

<解説>

 今年は警戒レベル三級にまつわる「微解封」や「人與人的連結」、「校正回歸」といった言葉が流行語になりました。特に「看好了世界,台灣只示範一次(見よ、台湾は2週以内に三級を解除し世界の手本となる)」は数々のパロディも生まれました。また東京五輪のバドミントン男子決勝の「TAIWAN IN」は、コートとシャトルのレイアウトをデザイン商品化したグッズも出回りましたね。

「見よ、国民の妻を奪う方法だ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本の高級理容室「ヒロ銀座」が、8月31日(土)まで、新スタイリストの櫻井さんを指名すると「ヘッドス…
  2.  中華といえば酢豚、とにかく酢豚が大好きな家族のために、今日も酢豚をデリバリ…
  3. 日本の創作和菓子専門店「源吉兆庵」が、台湾創業10周年を記念し、台北本店をリニューアルオープン。これ…
PAGE TOP