【トリビア~ン台湾】Vol.105 贈り物

 

台湾人の友人が結婚することになり、お祝いに日本の夫婦茶碗を送りたいのですが、偶数は別れを連想させると聞きました。不適切ではないか心配です。

 

 

台湾ではむしろ偶数の数字を好みます。贈り物も2つペアで揃ってこそ、一組「対」になるという考えからとても縁起の良い贈り物として喜ばれるでしょう。

 

<解説>

 一方、台湾では日本とは反対に、慶事は偶数、弔事は奇数と覚えておくと便利です。たとえば結婚式のご祝儀では、奇数の金額は包みませんので注意しておくとよいでしょう。

 偶数は「対」になることから「吉祥」とされています。もっとも、近年は縁起を気にしない方が増えてきているようですが、お箸や茶碗など日常的に使うものは特にペアで購入する人が多いですね。

日本の焼き物・陶器類は台湾人にも人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚したものの「児童・少年福利権益保…
  2. ドリンクチェーン「可不可熟成紅茶」新竹關埔店で7月14日(日)夜、閉店間際にデリバリーのオーダーが入…
  3. 芸術劇団「玩勮工廠(Toy Factory)」が9月7日(土)~29日(日)、ミュージカル「百舌(M…
PAGE TOP