【トリビア~ン台湾】Vol.71 マスク購入のシステムは?

 

マスクの購入に関し、買い占めは収まったようですが今はどんなシステムで購入できるんでしょうか? 

 

 

〝コロナ騒動〟以降、一時的に市場から姿を消したマスクですが、政府の介入によって一般の人の手にも渡るようになりました。 

 

<解説>

  台湾では「国民皆保険」が採用されており、居留証を有する外国人を含め住民は健康保険証を持っています。マスク不足発生後、政府は生産量をアップさせるだけでなく、生産したマスクを買い上げ、被保険者には平等に購入の機会を与えるシステムを導入。3月から、保険証番号の末尾が奇数の人は月・水・金、偶数は火・木・土と分散させ、全国の薬局で1週間に一度、1人につき2枚まで購入できるようになりました。49日からは2週間9に増え、ネットで予約し、コンビニ受け取りサービスも開始しています 

アプリなら予約もラクラク♪ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 1 五倍券申し込みスタート初日にシステムダウン発生 2 板橋…
  2.  某国立大学が、考古学の発掘作業員を募集。この求人情報が注目を集めている。 求人…
  3. 圖/自由時報 基隆市で今年6月の警戒レベル3級期間中に、5人が一室に集まり麻雀をしていた…
PAGE TOP