【トリビア~ン台湾】Vol.164 「古早味紅茶」ってどんなお茶?


食堂に無料で置かれていたアイスティーが、コーヒーのような味がしました。お店の人によると「古早味紅茶」とのことですが、それって何…?


「古早味紅茶」はその名の通り、台湾で古来から好んで飲まれている紅茶です。漢方やサプリで知られる「ケツメイシ」が入っています。

<解説>

 「古早味」とは日本語で「昔ながらの味」「懐かしの味」といった意味。「古早味紅茶」は紅茶葉をケツメイシと共に煮出し砂糖を加えます。ケツメイシの、コーヒーのような芳香が特徴で、台湾では子どもから高齢者まで非常に好んで飲んでいます。もっとも最近では、砂糖が多い、市販のものは添加物が多い、と控える人も増えました。なおケツメイシは老化を防いだり、肝臓や心血管を守り、胃腸を活発にする効能があるそうです。

 昔ながらの素朴な味にヤミツキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市松山区のサウナ施設で5月13日(月)、男性客がマッサージ師の女から性行為を強要されたとして警察…
  2. 旧ソ連に創られた美しい風景「ソヴィエト・バス・ストップス」監:クリストファー・ハーウィグ中国語…
  3. 台中市にある工業用プラスチック関連の企業が週休3日制を導入し、注目を集めている。 同社は…
PAGE TOP