【今週もゴチになります】 一番茶棧(いちばん)―茶館―

童心に帰る茶館

MRT淡水駅から老街を北へ歩くこと10分、茶館「一番茶棧」の看板が右手に見えてくる。

店を切り盛りするのは笑顔のやさしい楊さん夫妻。ご両親が営む中山の老舗茶屋「一番屋」が台湾茶専門店であるのに対し、こちらはお茶を味わいながらゆったりできるティーサロンを目指したという。オープンは昨夏とまだ新しいが、竹を使ったインテリアがモダンながらどこか昔懐かしさを醸している。

茶葉は凍頂烏龍や文山包種など台湾四大銘茶のほか「台東紅烏龍」、「三峽碧螺春」、さらに「紅玉紅茶」など幅広く取り揃える。迷った時は楊さんオススメの「高山烏龍茶」をチョイスして。苦味がなく、すっきり飲みやすいため万人に好まれるのだとか。またまろやかな飲み口で、ほかのどんなお茶とも異なる味わいの「東方美人茶」(各220元)も人気の一杯。

こちらでは最初に淹れ方をレクチャーしてもらい、お代わりは自分で淹れる。茶葉は約5煎まで飲めるので、ゆったり長居したい。

フルーツティの中で特にファンが多いのは「一番鳳梨沁蜜紅」(240元)。茶杯に沈んだパイナップルは、黒糖で煮てありコク深い濃厚な甘さ。デザート感覚でいただこう。

寛ぎのティータイム

今週はお茶のお供に欠かせない「パイナップルケーキ」をサービス。手作りの無添加パイナップル100%使用のオリジナルで、烏龍茶を生地に練り込んだものや、甘酸っぱいクランベリーと、アーモンドのフィリング入り、さらに紅茶生地のタピオカミルクティと黒ゴマ&クルミも仲間入り。ホロホロと繊細な生地に、個性豊かなフィリングの上品な甘さが台湾茶によく合う。

壁一面の大きな窓から射し込む陽光が春の訪れを知らせている。ゆったりとした時間が流れる淡水のティーサロンで、台湾茶を喫する午後はいかが。

Info

住所 新北市淡水区中正路252號2階

TEL 02-2626-6168

営業時間 11時~19時(土曜は~20時、日曜定休)

席数 15席

予算 200元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 1 五倍券申し込みスタート初日にシステムダウン発生 2 板橋…
  2.  某国立大学が、考古学の発掘作業員を募集。この求人情報が注目を集めている。 求人…
  3. 圖/自由時報 基隆市で今年6月の警戒レベル3級期間中に、5人が一室に集まり麻雀をしていた…
PAGE TOP