【今週もゴチになります】MURA Bistro —和食ビストロ—

稀少な日本酒との一期一会

忠孝敦化駅から徒歩5分、仁愛圓環すぐ脇の和食ビストロ「MURA Bistro」。大の日本好きで知られる女優・何依霈さんが「和食と日本酒を気軽に楽しめる店を作りたい」と立ち上げた。

店内に入ると、何さんセレクトの日本酒がズラリと並んだ壁一面の大型冷蔵庫。日本各地から選りすぐりの銘柄を取り寄せ、常時20種程度を提供する。青森の米と水と酵母を使い、後味にキレのある「陸奥八仙・特別純米酒・赤ラベル」や微発砲感を残した秋田の「うまからまんさく・爽々酒」などが並び、日本酒好きの常連客が飽きぬよう、常に目新しいお酒を取り揃えているという。

今回のゴチでは、木・金曜を除き10種のアルコールが何杯頼んでも20%オフに。日本酒にハウスワイン、果実酒など多彩な味をお試しあれ。

ひとり酒にもピッタリ

同店では、メインのほかキヌアを入れた炊き込みごはんor白ごはん、スープ、サラダ、小鉢、漬け物が付いて栄養バランス◎の定食も用意。12~13時半、18~20時半にはホタテやエビなど4種を盛りつけた「刺身セット」(420元)に「旬の焼き魚セット」(360元)など、日本酒とのペアリングも最高の和定食でひとり飯といこう。

飲みのお供には、秘伝の煮汁を継ぎ足して煮込む「滷豬五花肉」(230元)、台湾式ベーコンをニンニクやネギと炒めた「鹹鹹的炒鹹豬肉」(320元)。のど越しのよい「サッポロ生ビール」(160元/中)でスタートを切ろう。寒い日には、海鮮出汁が身体の芯まで暖める「しじみとアサリと海老の海鮮鍋セット」(980元)を。タウリン豊富なしじみエキスが、年末年始の疲れた胃腸を癒してくれる。

好みの日本酒をお供に、大人の時間を過ごそう。

Info

住所 大安区仁愛路四段228號

TEL 02-2708-3060

営業時間 12時~14時半、18時~24時(日曜は~21時、ラストオーダー30分前、14時半~18時は予約のみ対応)

席数 40席、個室1(最大10人)

予算 ランチ350元~、ディナー500~800元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾のベテラン女優・譚艾珍の娘が3月25日(水)、妊婦検診のため台湾に帰国することを事前にネット上で…
  2. 中央流行疫病情況指揮センターは3月25日(水)、国民に対し屋内で100人、屋外で500人を超えるイベ…
  3. 南投縣水里郷の男子中学生が3月20日(金)、同級生の少年に向かって投げつけたカッターナイフが相手の頸…
PAGE TOP