WHO事務局長の批判に反論 NYタイムスに全面広告

WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長が台湾から個人的な攻撃を受けていると発言した件で、4月14日(火)付のアメリカ誌「NYタイムス」に、台湾の有志による反論内容の全面広告が掲載された。

これはユーチューバーの阿滴やデザイナーのアーロン・ニエ(聶永真)、社会運動家の林祖儀らが発起人となり、ネット上で掲載費用のクラウドファンディングを募ったもの。募集からわずか1日で2万6980人が賛同署名を寄せ、目標の400万元に対し1900万元超が集まった。

広告の上部には「WHO can help?」、下半分に「Taiwan」と書かれ、「WHO」をWHOのロゴと同じ青色で表示。さらに「孤立する時、私たちは連帯を選択する」として台湾が世界各国に対し行ってきたマスク支援などについて記述するとともに、WHOが長年に渡り台湾を排除してきた事実についても言及している。

(4月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP