5度目の酒気帯び運転 実の娘事故死で服役

台東市で、4度に渡り酒気帯び運転で服役した女が、昨年6月5度目の酒気帯び運転で事故を起こし、バイクの後部座席に載せていた14歳の女児が死亡した件で、台東地方法院はこの度女に対し3年6月の懲役判決を下した。
女は2016年、4度目の違反で5月の服役を科され、翌年9月に刑期を終え出所。免許は剥奪されていたが、昨年6月バイクに女児を乗せ卑南郷へ向かう途中、路上の停車車両2台に立て続けて接触。その際女児が頭部を強く打ち、病院で死亡が確認された。
警察の調べに対し、女は仕事をしながら薬用酒1瓶を飲んだと話している。
(3月4日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  2. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
  3. 台湾政府が推し進めるクーポン「振興券」のネット予約が7月1日(水)、スタート。同日10時半までに予約…
PAGE TOP