24年ぶりの最低気温を記録 中北部各地で10度以下に

台湾中部から北部一帯で4月13日(月)、大陸からの寒気団が南下した影響で放射冷却が発生し、気温が10度まで低下。これにより4月の気温としては24年ぶりの最低を記録した。

気温が最も低かったのは峨眉観測地点の6度。続いて大渓、新店の6.1度と6.4度だった。なお平地局の気象台である新屋観測地点では9.4度、新竹で9.5度、淡水が9.7度、板橋が9.9度といずれも10度を下回った。台北市では10.3度を記録し、1996年以来の最低気温となった。

また中央気象局によると16日(木)早朝にも気温が下がり、週末には回復するものの翌週はまた冷え込む見込み。

(4月13日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターが、さらに拡大している。中央流行感…
  2. デパート・モール 微風 新光三越 遠東百貨 誠品 その他…
  3. 飲食・美容(エリア別) 台北駅/中山/南京東路 古亭/台電大樓/公館…
PAGE TOP