24年ぶりの最低気温を記録 中北部各地で10度以下に

台湾中部から北部一帯で4月13日(月)、大陸からの寒気団が南下した影響で放射冷却が発生し、気温が10度まで低下。これにより4月の気温としては24年ぶりの最低を記録した。

気温が最も低かったのは峨眉観測地点の6度。続いて大渓、新店の6.1度と6.4度だった。なお平地局の気象台である新屋観測地点では9.4度、新竹で9.5度、淡水が9.7度、板橋が9.9度といずれも10度を下回った。台北市では10.3度を記録し、1996年以来の最低気温となった。

また中央気象局によると16日(木)早朝にも気温が下がり、週末には回復するものの翌週はまた冷え込む見込み。

(4月13日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 南投縣仁愛鄉法治村の武界溪ダムで9月13日(日)早朝4時頃、突然の放水により下流でキャンプをしていた…
  2. 料理を美味しく見せるには! ズバリ食器の色にも関係があります。特に和食では、一種類ずつ小皿に…
  3. 財政部関務署によると、今年の元旦から9月14日(月)までに押収した「メイド・イン台湾(MIT)」偽装…
PAGE TOP