市販のマスクを調査 3割が濾過率80%以下

 消費者文教基金会は1月18日(月)、市販マスクの性能と有害物質含有量に関する調査結果を発表。これによると3割のマスクがPM2.5濾過率が80%に満たず、また3点から鉛など重金属が検出された。

 消基会では昨年12月より、北部大型スーパー、ドラッグストアチェーンにて販売される市販マスク20点を対象に調査。色付きマスクの染料に有害物質が含まれる可能性が高いという。

(1月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚したものの「児童・少年福利権益保…
  2. ドリンクチェーン「可不可熟成紅茶」新竹關埔店で7月14日(日)夜、閉店間際にデリバリーのオーダーが入…
  3. 芸術劇団「玩勮工廠(Toy Factory)」が9月7日(土)~29日(日)、ミュージカル「百舌(M…
PAGE TOP