コンビニ暴動の男性 ボディビル大会3位入賞

桃園市中壢区のコンビニ店内で暴れ、逮捕された男性が5月27日(土)、ボディビル大会「チンギスハンカップ」に出場。先日の事件で背中を傷めており、成績は3位に留まった。
 (圖/自由時報)
 (圖/自由時報)

男性は28歳で、20日(土)昼、同区内のコンビニ店内で暴れ、通報を受けた警察官らを殴るなど暴行。器物損壊や公務執行妨害などの疑いで現場逮捕されたが、当時すでに大人しくなっている男性に対し警官が何度も警棒で殴る様子を映した動画が流出。警察の過剰な対応に批判が集まり、後に警察は謝罪している。

情報によると男性は目当ての「イタリアン黒胡椒」味の鶏胸肉が欠品だったことに動揺し、暴れたという。

(5月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 気温が36度を超える猛暑日が続き、卵用鶏が熱中症により大量に死亡する事態が発生している。…
  2. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚した件で、家族からの通報により少…
  3. 台北市のMRT中山駅から雙連駅に跨る商業エリアで、近頃、飲食店など約100店が「土地使用条例」に違反…
PAGE TOP