バラバラ殺人5年で8件 うち3件が新北市永和区

 新北市永和区で9月5日(月)、兄が弟を殺害したうえ遺体を分割した事件が発生。地元メディアによると、過去5年間に台湾で発生したバラバラ殺人事件は8件となり、うち3件が新北市永和区で起きていたことがわかった。

 4件は2018年に発生。5月に新北市板橋区でフィットネストレーナーの男がDVを理由に別れを切り出した恋人の女性を殺害。遺体を8部位に分け遺棄した。警察は女性の遺体の大部分を発見したが、内臓は未だ見つかっていない。

 また同5月、桃園市に住む男が離婚に際し財産の分配でもめた妻を殺害。2人の娘が母親の遺体を発見し、頭部の入った袋を派出所に持参して通報した。

(9月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市大安区の広東料理レストランが、ミシュランガイドの審査基準が不明瞭だとして調査員の訪問を拒否、…
  2. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  3.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
PAGE TOP