マイボトル「洗浄費」5元徴収 エコ政策違反で罰金処分

 台南市にあるドリンク店が、マイボトルを持参すると5元引きとする新規定と共に「サービス費」として5元を徴収し、台南市環境保護局は同店を規定違反で1200元の罰金処分とした。
 
 環境保護署では今年7月より、プラスチックごみの削減を目的としたエコ政策を実施。コンビニやドリンク店でマイボトル、マイカップを持参のうえドリンクを購入すると、5元オフとしている。
 
 今回処罰された店舗はチェーン店に加盟しているが、本社は店舗が独断でサービス費を徴収したと説明。店舗側は、衛生的観念からマイボトルを洗浄する手間を徴収の理由としている。
 
(8月22日)

圖/三立新聞網
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚したものの「児童・少年福利権益保…
  2. ドリンクチェーン「可不可熟成紅茶」新竹關埔店で7月14日(日)夜、閉店間際にデリバリーのオーダーが入…
  3. 芸術劇団「玩勮工廠(Toy Factory)」が9月7日(土)~29日(日)、ミュージカル「百舌(M…
PAGE TOP