コロナ保険、診断書請求に殺到 「3+4」選択で補償対象に

新型コロナウイルスによる感染症が「第五類法定伝染病」から「第四類」に変更されることを受け、近頃各所で保険請求のための必要書類として医師の診断書を求める人が急増している。

新型肺炎の「第五類」から「第四類」への変更これを受け、各保険会社の「コロナ保険」では補償額が大きく減額されるとみられ、請求手続きを進める人が殺到。これについて中央流行感染症指揮センターの陳時中・指揮官は「保険の請求権は2年の猶予がある」として、現場の混乱を招かないよう協力を呼びかけた。

金融管理委によると「第五類法定伝染病」の感染者を対象とした保険商品について、今年1月から5月16日(月)までの販売数は250万件超、収入は19億1622万元であるのに対し、給付総額は18億0338万元。今月末には給付額が収入額を超えると予想される。

またワクチンを3回接種済みでも3日間の隔離と4日間の自主健康管理を選択した場合、保険の補償請求が可能となる。

(5月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 元マラソン選手のケビン・リン(林義傑)が映画の著作権に絡む詐欺事件に関与していた件で、台北地方法院は…
  2. 隔離期間の短縮や入国規制の緩和など、コロナ禍もそろそろ収束の兆しを見せるこの頃。学校は夏休みに入…
  3. 新北市中和区で2歳男児「恩恩ちゃん」が新型コロナウイルス感染による合併症で亡くなった件で、男児の母親…
PAGE TOP