〝正義マン〟が暴行で起訴 高齢男性の肋骨2本折る

台北市内の宝くじ店で今年3月、当選くじを巡り店員と口論していた高齢男性が、通りすがりの男に地面に抑えつけられ、肋骨を折るけがを負った件で、台北地方検察署は5月3日(水)、男を傷害罪で起訴した。
 圖/自由時報
この男は昨年、地検署の屋上から政党の党旗を掲げるなどし、建造物侵入罪で起訴。また今年3月には日経新聞台北支局にて尿を撒き、社会秩序維持法違反で処罰されている。

当時、高齢男性は大声で店員を怒鳴りつけており、男は善意から男性の行為をやめさせようとしたものとみられるが、ネット上では、正義を振りかざし行き過ぎた行為をする「正義マン(正義魔人)」と呼ばれている。
(5月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚したものの「児童・少年福利権益保…
  2. ドリンクチェーン「可不可熟成紅茶」新竹關埔店で7月14日(日)夜、閉店間際にデリバリーのオーダーが入…
  3. 芸術劇団「玩勮工廠(Toy Factory)」が9月7日(土)~29日(日)、ミュージカル「百舌(M…
PAGE TOP